日本の教育のことについて

日本は世界でも有数の経済大国に成長しましたが、その理由の一つとして教育に力を入れていきたことがあります。
日本人ほど子供の教育に熱心な国民はいないと言われることも珍しくありません。
日本では子供は学校で勉強をするだけでなく、学校が終わったあとも塾に行って勉強をするのが当たり前になっています。
それは一つには受験があることが理由としてあげられます。
少しでも良い高校や大学に通うことができるようになるために、子供達は一生懸命に勉強に励んでいます。
つまり受験勉強をして良い学校に入ることが、子供たちが勉強をする上で大きなモチベーションになっているのです。
親はそのような子供の勉強をしたいという気持ちを尊重するために、あらゆる面で子供をサポートしています。
特に子供の教育に熱心な親の場合には、予備校や塾など子供にお金をかけることを厭いません。
そうした国民一人一人の学習への熱心な姿勢がこの国の国民性を作っているとも言えそうです。