日本の教育は充実しています

教育の方法は、各国によって方法や内容が異なりますが、日本は比較的充実しています。
日本は、昔から教育を行うことに熱心で、明治の開国以前から、識字率がとても高かったのです。
そのため、西洋から訪れた人々は、その識字率の高さに驚いたことが知られています。
例えば、科学が進んでいた西洋の場合でも、庶民が文字を読むことは、あまり出来ない状況でした。
現在であれば、西洋の国々であっても、学校が充実するようになりました。
結果として現在の西洋では、庶民でも文字が読むことが可能になっています。
これに対して我が国は、江戸時代であっても、庶民が文字を学ぶ環境が存在していたのです。
具体的には、寺子屋などが各地に開設されていました。
寺子屋などは、武士だけではなくて、商人や農民などの庶民も、一緒に学ぶことが可能だったのです。
すなわち、ほとんどの人が同じ学習内容を、受けることが可能でした。
そうした歴史があるために、日本の教育は現在も充実しているのです。