日本における職業教育の問題点と解決策

 日本は少し前までは、終身雇用制でした。
そのため良い大学に入りさえすれば、その後は一斉就職で一流企業に入り、定年まで一生安泰でした。
職業教育は、会社の方でやっていました。
高校を卒業してすぐに会社に入る場合も、その後の職業教育は会社でされてましたし、手に職さえつけておけばどこかの会社へ再就職する場合も安心でした。
しかし終身雇用制も実質終わり、誰もが自分のキャリアや能力に自己責任が求められるようになりました。
 しかし実際の現場では、職業学習は熱心に教えられていません。
体験学習やインターンシップもありますが、そこで何を得るかは自己責任です。
つまり進路が明確であり、計画的に能力を磨ける人にとっては、それで十分でしょう。
しかし多くの人は、自分がどういう職業人生を歩みたいのかすら、明確でないのではないでしょうか。
日本の教育において、個人の望む職業人生を明確にするという視点が欠けています。
そのため、職業学習が、基本的に自己責任になっているのです。
個人に職業学習の自己責任を望むのであれば、個人の自己責任能力を伸ばすプログラムを真剣に行うべきです。